SwitchBot(スイッチボット)とAlexa(アレクサ)で生活に余裕を

modern kitchen counter with sink ガジェット
Photo by Max Vakhtbovych on Pexels.com
スポンサーリンク

Sesami3に引き続き、スイッチボットを導入して着々とスマートホーム化を進めています

今回はスイッチボットの導入と実感している効果について紹介します

スポンサーリンク

Amazon echoはあんまり活用してなかった

もともとAmazon echoを持ってはいましたが、あまり活用していませんでした

たぶん同じ状況だった方は少ないのではないでしょうか?

たまに音楽を聴くくらい?たまに天気を聴くくらい?

私はこんな使い方しかしていませんでした

スマートスピーカーなので、音楽やPodcastを聴くのがメインであるべきなんでしょうか、、、

記事にもしていますが、スマートロックSesami3を導入したことをきっかけに

Amazon echoの活用に再チャレンジすることになりました

スマートホームに使うガジェットは?

スマートリモコンは、いろいろなものが出ていますね

Amazonを少し調べるだけで結構多くの製品が出てきます

正直どれを買っていいかわからないですよね

私も、正直いろいろ見てみましたが、

価格、見た目のシンプルさでスイッチボットを選択しました


使う製品は好みもあると思いますが、スイッチボットはコスパもいいですし

初めて導入するならおすすめです

HUBミニは必須、温度湿度計、ボットの3つを揃えよう

スイッチボットを導入するのであれば、

  • HUB mini
  • 温度湿度計
  • ボット

この3つを揃えるのが良いと思います

ロボット掃除機を持っている方は、ボットを2つにするのがおすすめです



スイッチボットの設定

スイッチボットの設定は非常に簡単です

付属の説明書を見ながらでも簡単にできますし、アプリの指示に従えば簡単にできます

私はiPhoneを使用していますので、iOSアプリで設定ました

  1. スマーフォンにアプリをインストールします(私はiOSを使用)
  2. 新しいデバイスを追加
  3. 登録したいリモコンを選び、アプリの指示に従い登録

非常に簡単です(個人的にかなりすばらしいと思います)

Alexa(アレクサ)との連携

Amazon echoとの連携もiPhone上から設定しました

AlexaのiOSアプリから設定します

私は以下を設定してみました

エアコンつけて や テレビ消して などは個々に好きなものを設定したらいいと思います

「行ってきます」では、

  • テレビを消す
  • エアコンを消す
  • ロボット掃除機を稼働させる(ボット)

の3つのアクションを設定しています

スイッチボットで始める余裕のある生活とは

スイッチボットは非常に便利で、リモコンを集約することができますし

スマートスピーカーと連携させれば多くのことを自動化させれます

私は、この自動化というのが余裕のある生活に非常に重要だと感じています

自動化は、実際に作動させると、複数の動作(スイッチを押す)を自動で一連の動作として実行してくれます

これ自体も余裕のある生活ではありますが、

自動化のためには自分で準備しないといけません

例えば、ロボット掃除機を自動化に組んでいるなら事前にゴミを捨て、充電をしてセット

場合によっては、椅子やクッションを移動

お風呂の給湯を自動化に組み込んでいれば、お風呂掃除を事前にしないといけません

この事前準備が、実際に自動化アクションするときの快適性や、さらに余裕のある生活をもたらしてくれていると感じています

「事前準備するようになる」じつはこれがスイッチボットを導入して得られた1番の成果かもしれません

もし、事前準備を習慣化したいのであれば、自動化に組み込む

スイッチボットを導入してみるのがいいかもしれません

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました