【タープ】スノーピーク ランドステーションは万能でキャンプに超おすすめ!

photo of teepee on a starry sky キャンプ
Photo by Chait Goli on Pexels.com
スポンサーリンク

こんにちは!でぇいです!

私が最近のキャンプで使用しているのはスノーピーク ランドステーションLアイボリーです

このタープは本当に万能ですし、見た目もGOODなので紹介させていただきます

スポンサーリンク

スノーピーク ランドステーションとは

折り紙と称されるタープで、さまざまな形に変形できる次世代型のタープと言われています。

スノーピークのスタッフサイトで使用されていることも多いです

2020年9月現在はLサイズが通常で販売されており、Mサイズは雪峰祭での限定販売になっています

2020年10月の雪峰祭でMサイズの限定販売があるようです

ランドステーションLの設置サイズ:縦510cm 横885cm 高さ210cm

これに加えてメインポールやサブポールを張り綱で支えるので比較的大きなサイトやフリーサイトでの設置をおすすめします。

ランドステーションは変型する

とにかく自由度が高いのがこの幕の特徴です

すべて閉じれば風にも強くなります。

通常は210cmのウィングポールを使用しますが、ウィングポールを10cm下げれば風が入り込まず暖かさも増します。

この場合、一番の中心が低くなるので注意が必要です。

入り口を開けば、とても開放感のあるタープです。

意外とおすすめなのが、入り口を100cm程度のポールで開くもの

目隠しにもなりますし、頻繁に出入りする子供は秘密基地のように楽しめます。

メインポールを二又にするとさらに広く使うことができます。

私のランドステーションの使い方

とにかく自由度が高いのがこの幕の特徴です

すべて閉じれば風にも強くなります。

通常は210cmのウィングポールを使用しますが、ウィングポールを10cm下げれば風が入り込まず暖かさも増します。

この場合、一番の中心が低くなるので注意が必要です。

入り口を開けば、とても開放感のあるタープです。

意外とおすすめなのが、入り口を100cm程度のポールで開くもの

目隠しにもなりますし、頻繁に出入りする子供は秘密基地のように楽しめます。

メインポールを二又にするとさらに広く使うことができます。

夜のランドステーションアイボリーL

ランステに限らずですが、アイボリーカラーは夜が非常に美しいです

温かみのあるランタンの光や、ほおずきの光で光るアイボリーのテントやタープはおしゃれです。

ランドステーションの弱点

とてもおすすめなランステですが、弱点?もあります。

スカートがないので、冬の使用はおすすめできないです

昔の使用ではスカートが付いていたようですが、現在のものにはついていません。

また、これはアイボリーの弱点になりますが、真夏に使用するときは比較的暑いです。

これは当たり前ですが遮光性の問題ですね。そのため標準でメインポール間に設置できる日除けが付属していますのでこれを使いましょう。

ランドステーションに必要なもの

ウィングポール

ペグ←とっても重要

ペグは非常に重要です。解放する側は風を受けることもあり、ソリッドステーク50などを使用することをお勧めします。

まとめ

ランドステーションはまさに折り紙というにふさわしいタープです

変幻自在になるので、ソロからファミリーまでさまざまな方にお勧めできます

設置については紹介しませんでしたが、実は設置、撤収も非常に簡単です

ぜひランステを楽しんでください

関連記事:おすすめのテントはこれ! キャンプ初心者におすすめするテントの選び方【2021年版】

コメント

  1. […] スノーピーク ランドステーションは変幻自在・おしゃれで本当におすすめ… […]

  2. […] おすすめのタープ:スノーピーク ランドステーションは変幻自在私が最近… […]

タイトルとURLをコピーしました