【簡単】ダイソンコードレスクリーナーのバッテリーを自分で交換!社外品でも十分!

black vacuum cleaner on brown and white area rug ブログ
Photo by cottonbro on Pexels.com
スポンサーリンク

こんにちは!

家の掃除機はダイソンコードレスクリーナーを使っています

今回バッテリー交換をしてみましたので紹介します!

ほんと簡単に交換できます

ある日、掃除をしようとスイッチを入れると

うんともすんとも言わない

もう一回充電できてなかったのかな?と思い

改めて充電を試みるも反応なし

うーん

掃除機の買い替えは痛い出費だなあ。いやだなあ。と思いながら、どうしようか検討。

スポンサーリンク

動かなくなった原因は?

買い替え?修理?

修理するにしても原因がわからなければ、、、

電源を抜き差ししていると

充電コードのランプがついていないことに気付きました

仮説①充電コードが断線?故障?している(参考:純正充電器

仮説②バッテリーの故障

どちらもあり得るとは思いましたが、コードは断線するような置き方もしてない

原因がバッテリーであれば交換で済む

とりあえず、バッテリーの値段を検索

結構高いなあ、、、

純正だと、約1万円

社外品だと、約5,000円

原因が確定してないものに1万円は高いなあと思い

社外品を購入することにしました

バッテリーの種類について

ダイソンハンディクリーナーのバッテリーを購入する場合

バッテリーのタイプに注意しましょう

ダイソンは購入時期でバッテリーのタイプもちがいます

公式サイトから確認するのがいいと思います

間違って購入しないようにご注意ください

社外品メリット

今回は社外品を購入しましたが、調べているうちに社外品いいじゃんと思いました

まずは、価格ですね

まあ、明らかに安いです

Amazon、楽天、ヤフーショッピングあたりで見ても5,000円を切ってるものも多いです

純正品と比べちゃうと価格だけで社外品にしちゃいそうです

次は、容量です

ダイソンコードレスクリーナーでバッテリー切れで掃除を中断せざるを得なかった

ということは、多くはないんですが、それでも容量が大いに越した事はないかなと思います

純正品の1.5倍とかもざらです

あとは、購入しやすさですね

社外品の流通は潤沢で、買いたい時にすぐ買えるというのもいいですね

ネットで調べてみましょう

交換してみる

交換はとても簡単です

私の家ダイソンコードレスクリーナーのバッテリー交換について説明しますね

タイプBというバッテリーでした

2つのネジで固定されていますので外して付け替えるだけです

ネジの場所は写真を参考にしてみてください

ここと

ここ

↑はダストボックスとフィルターを外すとネジがあります

外せたらせっかくなので、他のパーツもキレイにしてあげましょう

まとめ

ダイソンのバッテリー交換はとても簡単です

バッテリーのタイプを間違えなければ、誰でもすぐにできると思います

故障には色々な原因があると思いますが、バッテリーの故障を疑ったら試してみてもいいかもしれません

関連記事:デスクはスタンディングデスクがおすすめ(特に猫背、肩こり、腰痛持ち、在宅勤務にも)

コメント

タイトルとURLをコピーしました