【在宅勤務】スタンディングデスクで肩こり、腰痛を予防しよう!運動不足にもおすすめ!

ビジネス
スポンサーリンク

こんにちは!でぇいです!

最近は、多くの人が在宅ワークにも慣れてきて、家での仕事にいろいろな工夫をしていると思います

私も在宅勤務が多く、自分のデスクで多くの時間を過ごしています。

ですが、あまりにも長時間座っていると首やら肩やら腰やらに不快感が、、、

そこで立って仕事をする→ スタンディングデスクを試してみたらいい感じでしたので紹介します

スポンサーリンク

スタンディングデスクとは

close up photography of white desk lamp
Photo by Stefan Straka on Pexels.com

スタンディングデスクって聞いたことはあるかもしれないですが、一般的には座るデスクが主流ですよね

私ももちろん座るデスクを自分のデスクとして使用していました。

スタンドデスクとは名前の通り、立って作業するためのデスクです

Googleで検索するだけでいろいろと出てきます

・高さ固定タイプ

・昇降タイプ

・卓上タイプ

好みや用途に合わせて選ぶのが良いかと思います

個人的には価格や今のデスクの上で使用できるという点から、導入しやすい卓上タイプがいいのではないかと思います

立ってデスクに向かうメリット

・足を組まなくなる

立っていますので足の組みようがありません

重心の位置が片方に寄りがちな方は意識的に修正しましょう

・気分が変わる

これはスタンディングデスクに変えた直後おメリットですが

どうしても在宅勤務が続くと仕事が一定のリズムになりがちです

少し気分を変える意味でも導入は検討して良いと思います

・ストレッチしながら作業

個人的には、このメリットは大きかったです

在宅勤務が増えてきて特に感じていたのが、運動不足と体の硬さです

ガッツリストレッチすることはできませんが、簡単なストレッチであればすぐにできる(しようと思える)のは個人的にはとても大きなメリットでした

導入費用は? 私の場合

私はお試しでキャンプで使用するラックを活用して導入しました

これが思った以上に良かったです

なので初期の投資費用はゼロ円(もともとあったものを使用したので)です

今は卓上タイプの購入を検討しています

Amazonで1万円前後ですので、比較的導入しやすいですね

デスクにはもう座らないのか?

question mark illustration
Photo by Pixabay on Pexels.com

立って作業をするのはとてもおすすめです

スタンディングデスクはとてもおすすめ

ですが、座らないのか?というと

座ります!

ずっと立っているのは意外としんどいです

なるべくストレッチなどして立っているようにしますが、何時間も立っていると疲れてきます

そんなときは座ればいいのです

なので、高さ固定のタイプではなく、昇降タイプまたは卓上タイプをお勧めします

まとめ

・スタンディングデスクは、肩こりや腰痛、運動不足の方に特におすすめできると思います

・立っているだけですが、意外と足を動かします

・ストレッチもします

・おすすめのタイプは卓上タイプ

・段ボールなどを使用して試してみることができる

まずは体験してみるのがおすすめです

関連記事:【設定必須】Outlookメールは「1分後に送信」でリスクを回避しよう!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました